HISエイチアイエス impresso ●添乗員同行●心躍る 満喫ドイツクリスマス 7日間 体験談 口コミ 感想 4日目

スポンサーリンク

HIS公式ホームページ詳細 ●添乗員同行●心躍る満喫ドイツクリスマス7日間

5時起床。
6時半、一斉に入場して朝食。
今日も朝食が豪華です。ドイツの朝食、最高ですね。

7時半出発。
ノイシュヴァンシュタイン城へ。
バス降り場が城から遠く、歩いて30分位のところだそうです。
さらに、城までは登り坂。舗装はされているそうですが、なかなかきつそう。

11時5分~10分の間に入場しないと入れない。
中では写真、ビデオなど撮影禁止。
公開されているのは10部屋前後。各部屋5分程度で計40分くらいで見学。
バイエルン王ルートヴィビ2世の世界観に触れ、世界中の様々な様式を集めた芸術的な部屋を見ることができます。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは一番豪華。屋根の上の飾りがとても綺麗。
どれか一つ回るならシュトゥットガルトが一番おすすめ。

ファイラー(フェイラー)のタオル
春夏秋冬のノイシュヴァンシュタイン城
日本人がデザインしている。

リモアのスーツケース。
最新は空港で読み込めるチップが埋め込まれている。

時計はスイス、フランス、ドイツの順にだんだん安くなる。税金の関係。

9時30分頃、ノイシュヴァンシュタイン城麓のホーエンシュバンガウに到着。
ここで、免税店でのお買い物タイムです。この店は日本人ばかりが店員。
ツアーが安いカラクリとして、土産物屋さんと提携し、お店に旅行客を連れていく代わりにマージンバックを旅行会社もらうという仕組みがあるそうなのですが、今回はまさにこのことでしょうか?
でも、特に買い物しないといけないわけではないです。

ちなみに、昨日ミュンヘンのダルマイヤ本店で買ったコーヒー缶が10ユーロでした。やはり割高ですね。でも、わざわざダルマイヤ本店に行かない人にとっては気軽に買えてとても便利だと思います。
また、この店は100ユーロ以上買うと免税の申請書がもらえるそう。

10時10分。いざ
ノイシュヴァンシュタイン城へ出発です。
外の気温は0℃、空気がひんやりしています。スキー場に来たときのあの感じですね。天気は快晴、風もないので寒さは感じません。
ちなみに服装は、上はヒートテックインナーと綿のロンT、セーターと薄目のダウンジャケットです。下はUNIQLOヒートテックジーンズ。靴はスニーカーです。
手は寒いので手袋をするのですが、歩いてるうちに暖かくなるのでマフラーや帽子はいらないです。

2キロの登り道を途中休憩しながら約40分かけてゆっくり登りました。3000歩ほど。
標高も低いので、足や体力に特別不安を抱えていなければ特に問題なく登れますよ。

いよいよノイシュヴァンシュタイン城に到着です。
シンデレラ城のモデルという有名なお城です。

見学して思ったのは、やはり模倣は模倣ということです。
歌人の間など絢爛豪華ではありますが、フランス、パリのヴェルサイユ宮殿には及びません。

11時55分に城出口に集合して、ランチのお店へ。

ロールキャベツ
そしてHBのヴァイツェンビール。
フルーティーでおいしいです。

下りは、馬車に乗りました。
一人3ユーロです。
寒いのですが、楽に降りれて快適でした。
ちなみに登りは一人6ユーロです。

1時30分免税店集合

ランゴーシュ 揚げパン

2時、ヴィース教会に到着。

6時10分。シュトゥットガルトに到着。

HIS公式ホームページ詳細 ●添乗員同行●心躍る満喫ドイツクリスマス7日間

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする